その他制作実績はこちら >

  1.  >
  2.  >
  3. スマートフォンサイト構築

私たちにできること

スマートフォンサイト構築

ソリューションチーム木下

ソリューションチーム
木下

私たちの想い

  • 1

    「気が利くね」と思われるデザインができるのは
    愛があるから!

  • 2

    ハートフルなCRMはモバイルでも健在!

  • 3

    御社だけのモバイル戦略を一生懸命考えます!

スマホ/タブレット用サイトの必要性

急速なスマートフォンユーザーの増加で、2014年現在で利用者数がほぼ同数となりました。

そうなることで、スマートフォンやタブレットを使ってウェブサイトを閲覧する全体数も増えてくるわけですが、ガラケーユーザーとスマートフォンユーザーの大きな違いがあります。それは…

ガラケーユーザーに比べてスマホ/タブレットユーザーは携帯で買い物をする。

ということです。

実際、私たちにお任せいただいております通販会社様のアクセス解析データを見てみますと、一番少ないところでもモバイルアクセスが全体の4割を占めるような状態となっています。逆に多いところでは6割強がモバイルアクセスです。
これは商材・ターゲット層の違いによります。

まずは本当にモバイル対策が必要か検討する

モバイルサイトは当然あった方がいいのでしょうが、導入した際、費用対効果がどれほどあるのかを事前に試算する必要があります。 モバイル対策を行う事によってどれほどの売上が見込めるかということですが、特に通販の場合、モバイル対策がされていればコンバージョンにいたっていたかという判断が必要です。

これはPCサイトをモバイルで閲覧した場合でも、コンバージョンするケースが少なくないという状況が起きているためです。少し乱暴な言い方になりますが、PCサイトでもモバイルで見た時に極端に使いにくい物でなければモバイル対策を行う事による費用対効果が少ないと言えます。 「入力周りが使い難い」や、「3カラムで横幅広すぎて閲覧が大変」などのモバイル対策がされていないために取りこぼしているユーザーがどれほどいるかを把握することが大切です。

運用方法に合わせた2パターンのモバイルサイトデザイン

スマートフォンやタブレットの普及とともにモバイルサイトのリニューアルが多く行われており、
「レスポンシブウェブデザイン」という言葉をよく耳にするようになりました。
通常、モバイルサイトを制作する際は、PCサイトとは別にモバイル用のHTMLコーディングを行います。
当然、同じトップページでもPC版とモバイル版では異なるURLになります。
それに対し、レスポンシブウェブデザインは、1つのHTMLソースで制作を行い、アクセスしてきた端末に合わせて
最適なレイアウトを出力する特殊な仕組みです。


それぞれの特徴を見てみましょう。

買い物カゴで離脱していたユーザーを獲得して売上15%向上!

化粧品通販のK社様のアクセス解析を行ったところ、スマホ・タブレットからのアクセスが4割強あり、PV数や滞在時間もPCユーザーに比べて遜色なく動いているにも関わらず、コンバージョンまで行っている数は少ないように見えました。特にお客様情報の入力ページでの離脱率が多いようでした。これまでモバイルサイトがなかった事もあり、モバイルサイトの新規構築を行う運びとなりましたが、定期更新コンテンツが多く存

在するため、PCサイトも合わせて再設計し、レスポンシブデザインでフルリニューアルさせていただきました。 結果として、カートでの離脱率も減り、オフラインメディアからの流入をしっかりとコンバージョンさせることができるようになったため、リニューアル前から比較してすぐに15%アップという成果を出すことができました。

モバイルサイトの制作をご検討されている方は、
まずは本当に必要かどうかを判断する事を含め、是非一度ご相談くださいませ。

アクセス解析から入り、モバイル対策を行う事による費用対効果を確認しながら最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

サービス一覧

通販サイトコンサルティング

コンテンツ制作

フォトグラフィーサービス
ライティングサービス