その他制作実績はこちら >

  1.  >
  2.  >
  3. 株式会社一番館様 ECサイト構築

私たちの愛するお客様と商品たち

株式会社一番館様 ECサイト構築

一つ一つが窯元で選び抜かれた逸品。
どんな想いで並べているかを知っているから、本当に
好きな人に買って欲しいという気持ちがサイトにあらわれます。

    ネットと実店舗の相乗効果を大事にして
    広げていかないといけませんね。

    代表取締役 坂本 直樹様

    運用をお願いしているECサイトでは、大変ありがたいことに商品をアップしたらすぐに売れてしまう状況にあります。かと言って売上が劇的に上がったかというと実はまだそういうわけではありません。取り扱っている商品の(作家物)すべて、私が窯元に行って選んでおりますのでなかなか供給がおいつかないんですよね。だからせっかくアクセスしていただいても売り切れが目立ってしまうタイミングなんかも出てきてしまうというのが現在の問題点でしょうか。
    今後の動きとしては、主力となっている著名な作家さんの数万円する一点物だけでなく、李モダンシリーズのようなある程度量産が可能な焼き物がもう少しライトな層にも広がってくれればいいなと思っています。

    また、店舗の方にもホームページの効果が出てきたようです。というのも、一番館のホームページを見てお店に来ましたというお客様や雑誌なんかの取材依頼が増えてきました。

    話を聞いてみると、ホームページが良かったから連絡したということだそうで、ブランディングという面でもうまく機能してくれてるなという感じです。ホームページの質がそのまま店舗の質と判断されてしまいますからね、デザインだけでなく取り扱う商品なども含め、ネットも店舗も大事にしていかないといけませんね。

    一番館様サイト構築で行った
    デザイントランスメディアの取り組み

    ソリューションチーム 村尾

    一番館様は、私たちが得意とする成果報酬という形式でサポートさせていただいております。メイン商材の人気がある焼き物はすぐに売れてしまいますが、一点物という特性上供給が追いつかず、売上の上限が低いことが問題ですので、もう少しライトなユーザー層に対して量産が可能な商品をお求めいただくような導線の設計が今後の課題です。それには、SEOや店舗のブランド力に頼っている現在の集客手法を見直し、リスティングなどの広告を使って類似するような嗜好品を検索しているユーザーにもターゲットを広げ、集客からコンバージョンへの適切な導線を精査することが必要になってきます。

    また、私たちがもっと気をつけなければならない事が他にもあります。
    以前、打ち合わせの際に喫茶店にご一緒させてもらう機会があり、お店から数十メートル離れた喫茶店へ歩いている間に何人もの街の人達に声をかけられる坂本社長を拝見しました。坂本社長は唐津の地域活性化にも取り組み、様々な業種とのコラボレーションも行われておりますので、その様子から唐津の人たちから得ている信頼の厚さが伺えました。
    売上を上げる事ばかりを気にして、唐津という地域への貢献を考える一番館様の想いを決しておろそかにしてはいけない、店舗で実践しておられる活動をインターネットという媒体で伝えていく事も私たちの使命だと改めて思いました。

    器だけではない唐津の素晴らしさ
    代表取締役 杉山 英治

    代表取締役 杉山 英治

    佐賀県唐津市は福岡市街から車でわずか1時間かからない場所に位置する古い城下町です。
    今でも唐津城を遠くに見ることができ、唐津駅近くの街並みもどこか古くて懐かしい趣のある街です。一番館の坂本社長は地元である唐津への愛情を誰よりもお持ちになり、唐津の発展のために日々尽力されています。伝統的な唐津焼を日本のみならず国外のファンに広めていくこと、そして、若い作家さんの育成、さらには、ゴールデンウィークに開催される「唐津やきもん祭り」も坂本社長の発案です。唐津やきもん祭りは、食と器のコラボレーションをテーマとしており、唐津の特産物である野菜や新鮮な魚介と、日本ナンバー1にも輝いた唐津のお酒、そして、美しい器たちの共演を楽しむことができます。
    ゴールデンウィークのみならず唐津では様々なイベントを行っています。私も時々ふらっと仕事の合間に訪れることがあります。おいしい鰻やお寿司をお昼に頂き、古い街を散策したり…唐津に行く際は、ぜひ一番館さんを訪れてください。地元ならではの唐津情報が聞けると思います。

    一番館
    商品について詳しくはこちら

    お問い合わせはこちらから

    制作事例一覧へ戻る